« Optimus G(L-01E)のレビュー・バッテリー編その1 | トップページ | Optimus G(L-01E)のレビュー・バッテリー編その2 サラリーマン的日常使い編 »

2012年10月23日 (火)

Optimus G(L-01E)のレビュー・外付けバッテリーでの充電環境をチェック

L-01Eの充電はスマホでは一般的なmicroUSBコネクタ経由で行いますが、少なくとも外付けバッテリーからの充電はそこそこ条件はシビアな様です。
Sdscn1801 ここではUSB出力の外付けバッテリーとして「My Battery Dual USB」(2ポート合計1A出力)、エネループKBC-L2A(2ポート、ポート辺り0.5A)、ドコモポケットチャージャー01(1ポート1A出力、エネループOEM)の3つ、USBケーブルとしてはHYBRID W-ZERO3オーナー(だった人)にはお馴染みの「リトラクタブルケーブル・デュアル for HYBRID W-ZERO3」(写真中央)、ラスタバナナの通信・充電切換式「BK RB9HB41」(写真右)、後秋葉で良く105~210円位で売られている短いカールコードのUSB-microUSBケーブル(写真左)の3つだ。
面倒なんでまとめておくと、L-01Eはストレート結線のUSBケーブルでの充電は避けた方が良い。「リトラクタブルケーブル・デュアル for HYBRID W-ZERO3」のデータ側、「BK RB9HB41」で通信モードを含めて、どの外付けバッテリーでもL-01Eはリセットを繰り返す事になった。恐らくL-01E側はPCと接続したつもりになってしまうので、何かしら内部で問題が起きてしまうのだろう。
一方で「リトラクタブルケーブル・デュアル for HYBRID W-ZERO3」の充電側コネクタ、「BK RB9HB41」の充電モードではカタログ上の出力が0.5AのKBC-L2Aでも問題無く充電が可能だった。まぁKBC-L2Aは1ポートであれば0.5A以上出力できるようなので(iPhone充電できるし)外付けUSBバッテリーを問わないとは言わないが、今時の外付けバッテリーは大体1A出力が可能なのでケーブルさえ選べば外付けバッテリー側はあまり選ばないと言える。
ちなみにカールコードのUSB-microUSBケーブルだとほぼ全滅。スロー充電のON/OFFを繰り返すのでケーブル側での電流の損失が大きすぎるのかも知れない。L-01E側でも入力電圧はシビアに見ているっぽい。
ちなみに「リトラクタブルケーブル・デュアル for HYBRID W-ZERO3」の方の充電側のコネクタの結線は忘れてしまったwのですが、「BK RB9HB41」は充電モードだと+と-がショートするUSBのBattery Charging仕様に準拠する結線になります。データ接続と充電の切換式のケーブルは大抵この仕様なので、L-01Eを外付けバッテリーで充電するならこの手のケーブルを入手しておくと良いでしょう。どっちにせよmicroUSBでの充電は安全に0.5A以上の給電を行うために規格があるので、ストレート結線のケーブルだと充電できないってのは仕方が無い部分でもあるのです。

« Optimus G(L-01E)のレビュー・バッテリー編その1 | トップページ | Optimus G(L-01E)のレビュー・バッテリー編その2 サラリーマン的日常使い編 »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23113/55951717

この記事へのトラックバック一覧です: Optimus G(L-01E)のレビュー・外付けバッテリーでの充電環境をチェック:

« Optimus G(L-01E)のレビュー・バッテリー編その1 | トップページ | Optimus G(L-01E)のレビュー・バッテリー編その2 サラリーマン的日常使い編 »

最近のトラックバック

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ