« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013年1月20日 (日)

FJL21購入3日目のレビュー

S20130119t083955_0_3 FJL21を買ってみました。とにかくどうにもならない駄目な子のISW11Fをauショップに叩き付けに行くために代替が欲しかっただけでMNP一括0円になっているHTC J(蝶でない方)辺りでも良かったのですが、仕事の事もあるのでauのLTEフラット契約を1つ持っておいた方が良いだろうな、と。目を付けていたのはコンパクトで評判も悪くないPTL21だったんですが、良く見るとイヤフォンジャックにカバー付で個人的にここだけはアウト。様子を見ている内にFJL21も同条件まで下がってきたのでコイツにしてみました。まぁ決め手はくーまんだったりしたのですけどねw。

まだ購入から3日ですが割と快調です。バッテリーに関しては容量が増えた分持ちが良いだけかなとも感じましたが、スタンバイ中はほとんどバッテリーが減らない時もあります。ストリーミング対応のTwitterクライアントはきちんと終了させるように心がけてはいますがこれなら及第レベル。一応睡眠時間込みでほぼ24時間持ちました。まぁ日中バリバリ使えば違うとは思いますが、延々と使い続けて1日持つようなスマホは現状無いでしょうし。
Screenshot_20130119071036

ISW11Fはタッチパネルのエッジ部分の誤タッチ防止機能がマイナスに働いて日本語入力時の候補選択がうまくいかない事が多くてイライラする事も多かったのですが、この点はFJL21ではまったく問題なし。標準のNX!インプットは文字種切換のトグルが右上に有って左手操作の私には最悪だったので、いつも通りATOKをインストールして切替えましたが、フリックでの誤入力も少なくて手持ちのiPhone4よりずっと快適。これだけでもISW11Fとはまったく使い勝手が違います。

指紋センサーもやはり便利。背面のセンサーを押して指を滑らせるだけでロック画面の解除が出来ます。Felicaのロック解除に使ったり、プレインストールのアプリで可能なや特定機能の起動ロックの解除にも使えます。またISW13FやF-10Dではカメラレンズ部と一直線上に配置されていて、操作時にカメラレンズに指が触れてしまいそうだった指紋センサーの位置も変更されてます。
サイズ的にも個人的にはこの位が限界。私は基本片手操作ですし、これ以上の画面サイズがいるならNEXUS 7使います。4.3インチでも片手フリックは辛いのですけど、今のATOKだと幅を詰めて左右どちらかに寄せられるのでこれで問題なし。片手で持つ事自体は問題無し。起動直後でも空きメモリが300MBを切ってるのはウーンとは思いますけど、今の所ISW11F見たいにメモリ不足が起因と思われる一時的なフリーズなども特にはないです。

LTEの通信速度に関しては確かに速いですね。無駄な位w。横浜駅近くの雑居ビルの窓際では受信40Mbpsをサクッと超えました。私の行動範囲だと受信10Mbpsを切る事は滅多に無い感じです。もっと何時も昼飯をとっているビル地下のファミレスでは基本圏外。多少は期待しましたがまぁ3Gが1xになる位だからLTEはムリですわなw。ここは3Gですがドコモだけがまともに入ります。auは相変わらず800MHz頼みで小出力基地局でのエリアカバーはサボり気味のようでw

Sscreenshot_20130118225211

2013年1月 6日 (日)

NEXUS 7の32GBモデルをWiMAXとセットで1円で買ってみました

Sdscn2015_2暮れも暮れ、2012年の大晦日にNEXUS 7を入手しました。NEXUS 7自体は仕事で3週間単位位で3回も借りてて俺もう持ってんじゃね、的な気分にもなっていたのですが購入はまだで、BIGLOBE LTEが単体でも悪くないのでじゃあセットで8GBモデルを買うかなーとか思っていたのですが、昨年WiMAXの年間パスポート(1年契約)とセットでA500を5000円程(実売ベースで30000円引き)で購入できたあそこでNEXUS 7の32GBモデルを1円でセット販売しているという話。丁度車移動していたし秋葉方面にも用事があったので、サクサク行ってみましたあそここと「ZOA」に。

ZOAはダイワボウがやっているDis Mobile WiMAXの代理店で、同じくダイワボウ扱製品だとセット販売で良く好条件を出します。WiMAXの方は通常のフラットの年間パスポートで料金の上乗せは無し。つまり支払は契約手数料と3880円×12ヶ月のみで概ね24800円で販売されているNEXUS 7の32GBモデルが1円で、当然WiMAXルーターは0円で入手できます。WiMAXルーターとして選べたのはATERM WM3600R・Uroad SS10・Uroad Home、さらにUroad8000なら5000円割引追加でしたが、ここは折角なのでSS10を選びました。セット販売なので特約が付いて1年未満での解約時には9950円の違約金が追加されますが、NEXUS 7の価格を考えればこの特約は特に問題なし。どっちにせよ今使っているDisWiMAXの更新が2月だし、3大キャリアのLTEが7GB/月の容量制限有りである以上当面送受信量無制限のWiMAXは手放せません。どうせ2月には解約、新加入の予定だったので、いっその事って事でとっとと1年契約してNEXUS 7 32GBモデルを1円ゲットとなりました。12月分は1日分だけの日割りなので、実質は11ヶ月の契約だけで済むってのも敢えて大晦日に契約しちゃった理由でもあります。

Dis Mobile WiMAXに一応触れておくと、BICやYAMADA WiMAXなどと同じで実質的には契約・顧客管理代行に近いMVNOなので料金的はメリットはさほど有りませんが、代りに端末追加もファミ得パックも使えますし、公衆無線LANのUQ WiFiとUQ WiFiプラスも使えます。解約もオンラインで出来ます。先に上げたBICやYAMADA WiMAXと違うのはBBモバイルポイント系の公衆無線LANが無料で使えない事位。WiMAXのMVNOとしては悪くない選択肢だと思います。

Sdscn2016 Sdscn2018 Sdscn2017 そして迷ったのがケース。スマホはほぼケースも保護シートも使わない人ですがさすがに7インチタブレットだと落とすのが怖い。電車の中では片手持ちで結構使います。ケース選びの操作性の関係で前面にカバーが回り込まない事と、スタンドの代りになる事、できるだけ薄い事。普通にポリカやTPUのケースでも良かったのですが、評判的にコレ!って製品が中々無い。前面もカバーするケースでもAmazonだと1000円前後でゴロゴロしてるんですが、やっぱり評判は微妙。要するに1000円なら悪くない的な製品ばかり。でやっと見つけたのが鈴木廻漕問屋という会社が新ブランド「MobileCase」の第一弾として発売したばかりのスリムケース。デザイン的にはiPad向けのお風呂の蓋タイプですね。Amazonでの取り扱い製品の中では1980円は決して安い方では無いのですが、背面側がプラスチックでカバーは3つ折りになっていて背面に回して折りたたむとスタンドにもなります。さらにマグネットが入っていて閉じるとスタンバイ、開くと復帰の動作も可能。Amazonにもレビューが無くて不安だったのですが、かなりまともそうな造りだったので買ってみました。

で、買ってみて大正解でした。背面側はプラスチックでNEXUS 7をはめ込むタイプですが、成形も良くピタリと収まり、簡単には外れそうにありません。カバー側も背面まで回り込んでマグネットでペタンと固定するタイプなのでカバンの中などでカバーがずれたり開いたりという事もまぁ無いでしょう。スタンドとしては2段階の角度で固定できますが、これも割としっかりスタンドとして機能してくれて、立てたままタッチ操作してもさほどぐらつきません。何より匂わないw。私は使いませんが、光沢と非光沢の保護フィルムも付属しているのでそもそも1980円という価格自体高くは無いんじゃないかなと思います。

電車で移動中などは左手だけで持って操作する事も多いのですが、普通に開いて左手で持つとNEXUS 7を裸で持った時と比べると滑りやすい感じがして少々不安に感じます。そこで180度反転させてしまい、右側から背面に回り込んだカバー部の端と本体の両方を左手の指で挟み込むように持つとこの不安が無くなりました。

Sdscn2020_2 Sdscn2021_2 Sdscn2019_2 まぁ高級感は有りませんが、安っぽさも無いです。見た目は価格相応ですが、ディスプレイ連動機能もまったく誤動作が有りません。1000円前後のケースはディスプレイ連動で誤動作が有ったり匂いが酷いといったレビューも見かけるので、安かったから買ったけど失敗した-!と思う位なら素直に1980円出した方が幸せになれるんじゃないか思います。

私商用レビュワーでも有りますが、まぁこれは仕事抜きです。念のためw。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

最近のトラックバック

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ