« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

ソフトバンクセット割りで2215円/月のSB 3Gフラット回線を作ってみました

Img_20130325_0218555641 「ソフトバンクセット割」でiPhone4Sを入手してきました。「ソフトバンクセット割」はWILLCOMユーザー向けの割引プランで、ソフトバンクのiPhone4Sと一部の4GスマートフォンをMNPで契約する事で2年間の料金割引が受けられます。iPhone4Sの場合「パケットし放題フラット」の4410円が3380円になり、さらにMNPでの契約なので「スマホタダ割」でホワイトプラン相当の980円がそれぞれ2年間割引になります。これだけだとそんなに美味しい案件と迄は思わないのですが、iPhone4Sを一括で安く買えればさらに月々割で1480円の割引が乗ってきますから、割引額は合計で3490円になります。iPhone4Sのパケットフラットで利用する場合の最低料金は5705円ですから、3490円をさっ引くと2215円。毎月2000円ちょいで3Gパケット解放できるのは結構魅力的です。ちなみに「ソフトバンクセット割」は適用条件に「ソフトバンクセット割」の利用が含まれているので、2段階定額の標準プライスプランでパケット封印して数円維持は無理です。

もっとも「ソフトバンクセット割」を扱っているのは基本ウイルコムプラザなので、中々iPhone4sを一括0円で販売しているお店は見つからず、半ば諦めかけていました。そもそも最近はソフトバンクはMNPだと端末分割払い+CBがデフォになりつつあって、一括案件自体が少ないわけです。まぁ端末分割購入にしてしまえば契約時に信用調査が入れられるので、不良顧客を排除できるってのもあるんでしょうし、契約者数至上主義のソフトバンクとしては少しでも解約しにくくという施策でもあるのでしょう。

ところが年度末のだからなのか一括案件が出てきました。しかもSO-03Dの機変案件を探しててなので本当に偶然。ウイルコムプラザではなく併売店ですがiPhone4S 16GBが一括1円です。さらに調べてみると「スマホ紹介割」で家族回線のホワイトプラン1年間無料も使えるっぽい。こちらはまだ未確定ですが、適用されると今までほぼホワイトプランだけで維持してきたiPhone4の利用料金もほぼゼロ円にできます。まぁ8月で2年なのでどこかにポートアウトするつもりですが、そこまででも割引が使えるのはありがたい感じです。

去年位からソフトバンク3Gも通信速度の改善は進んでいるのは確認していて、何ヶ月かぶりにパケット解放しましたけど受信は大体1~2Mbps程度は確保できる印象。もちろん時間帯にもよりますが、普通にiPhoneを使う分には困らない感じです。私の場合Youtoubeとかは移動中はまず見ないし。後ソフトバンク3Gは基本端末みてないので黒SIMは手持ちのSIMフリー端末に突っ込んで遊べるって意味でも月2000円ちょいでフラット維持なら良いかなって感じ。ちなみに私自身の使い方だと4Sすら要らないし、色々諦めて5.1でキープしてたiPhone4SをiOS6.xにバージョンアップした所思いの外サクサク動いてこれで十分なので、UIMだけ差し替えて4Sは封印です。まぁ来週末にはどこかにシュートしているかもしれませんねw。

2013年3月19日 (火)

今更のようにL-06Dを買ってSIMロック解除して遊んでいます

Sdscn2057 今更のようにOptimus Vu(L-06D)を買いました。実は出た当時から同じ5インチクラスでもGALAXY Noteよりこっちが欲しかったんだけど、さほど売れてはいないと思われる割に価格も下がらず半分位興味は失ってました。NEXUS7買ったりKobo Touch貰ったりと、コミックビューワ環境が別にできちゃったってのもありますけど。

ところがドコモショップ渋谷西口店のAppComingのイベント参加でかなりお買い得だった事と、au回線空けたかったって事もあってauからのポートインで購入。オプらしいオプもなく一括0円で月々サポート3885円×24、さらに2万円CBでした。Xi端末としてはLTEも2GHz帯のみと今更ですけど、5インチの4:3液晶って個人的には結構魅力なんですよええ。

でドコモショップに持ち込んでSIMロック解除しようと思ってたんですが、海外でのアンロックコードの販売があまりに安いんでそっちでやってしましました。アンロックコード購入したのは英国ebayのココ。1.23ユーロなんで180円位。PayPalで決済してIMEIとPayPalの決済コードをメッセージで送ったな程なくアンロックコードが届いたので、L-06Dのダイヤルパッドから「2945#*970#」で発信操作をしてSIMロックの解除コード入力画面を出して先に届いたコードを入力。アッサリとSIMロックフリーのL-06Dになりました。

で、手元のau FJL21で使ってるUIMを装着し、APNを設定すると問題無くau 2GHz LTE、つまりiPhone5用の電波を掴んでデータ通信が行えました。ちなみにAPNは公開されているLTE NET for DATAのものでは別途契約がいりますが、iPhone5向けとして情報の落ちてるLTE NETのAPNを設定するとISNETの契約で利用できます。もちろん3Gでは繋がりませんでのあくまで実験用レベルですが、色々と言われているiPhone5向けのLTEエリアが確認できて面白いですねw。

Sdscn2058
L-06Dのレビュー自体は今更なので不要だと思いますが、個人的にはとても気に入っています。MicroUSBコネクタのカバーがスライド式だったりとか端々の造りも良いし、コミックビューワとしても結構使えますし、PCサイトを見るのは4.3インチのFJL21と比較しても格段に見やすい。何より上着のポケットなら難なく収まるので、移動中に使う端末としてNEXUS7と交代って感じです。4月からはXIデータフラットライトかプラスXi割で使う予定なのでほぼISP料金だけでパケット解放しつつ使えます。まぁ3ヶ月は飽きないんじゃないかなぁw。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ