« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

基地局配置の観点から見るドコモとauのLTE

ここ3週間ほど左耳が腫れっぱなしでほとんど聞こえないあんどさんですが、皆様いかがお過ごしでしょうかorz。
auのLTE(iPhone5用を除く以下同)は800MHz帯を基本に1.5GHz帯をトラフィック対策に使うという組み合わせのお陰で、ドコモのXi LTEよりも1年以上後発ながら単純にエリアカバレッジという点では抜き去っています、というよりエリアマップを並べて比較しても圧倒的に広い。また10MHz幅(ペア)で受信最大75Mbpspの基地局の比率が高いのも特徴です。Xi LTEが5MHz幅中心で先行した関係上ユーザー数も多い事もあり、実効通信速度、まぁベンチマーク中心での比較になりますが、au LTEは通信速度面でも概ねXi LTEを凌駕していると評価されています。

一方で基地局数という点では、免許数で比較するとまだXi LTEの方が多いくらい。携帯・PHS関連@Wikiから引用すると、2013/2/16の段階でau 800MHz LTEの基地局数が21355、Xi 2GHzの基地局数が23822です。1.5GHzの基地局もどちらも持っていますが、現状は基本トラフィック対策でエリアカバレッジの拡大には使われていないはずですので取りあえず無視しておきます。まぁ簡単に言うとauは800MHz帯の2GHz帯と比較して良く飛ぶ、反射するという特性を生かして少ない基地局数でも広いエリアカバレッジを実現しているわけです。言い方を変えると基地局密度が低い、とも言えます。

じゃぁ実際どうなのよ、という事で移動しながらの電波の受信強度で比較してみました。端末はauがARROWS ES(FJL21)、ドコモがOptimus Vu(L-06D)で、Xen Serveyというアプリを使ってモニターしています。

Xiau まず駅間を住宅地を抜けて結ぶバスでの移動中。丁度モニター開始と終了がそれぞれ駅前です。auは住宅地に入ると途端に受信強度度が低くなり、3Gへのハンドオーバーこそしなかったものの何度もグラフで底(-113db)を打っているのが分かります。実際この底を打つ受信強度になるとほとんどパケットは流れなくなります。Xi LTEも1度底に近づきますが、ほぼ問題無くハンドオーバーしていますし、住宅地を通過中の受信強度に関しては高いアベレージをキープしています。もちろん端末の特性も無視はできませんが(特にauは悪名高きARROWSですから)、概ね基地局密度の違いが反映されているのでは無いかと思います。

Xiau_2 次は同じ駅間でも鉄道(京浜東北線北行き)での移動中。グラフの中央より少し左のピークが川崎駅で、右端が蒲田駅です。ここでもau LTEは2度ほど底を打っていますが、Xi LTEは1度底に近づきつつもどうにか耐えていますが、駅間のアベレージという点では確実に勝っています。

こうやって比較するとauもトラフィックの多いエリアにはしっかり基地局を打っているものの、そうでないエリアでは800MHz帯の特性を良くも悪くも活用してギリギリの基地局数で運用しているんだな、という点が見え隠れしてきます。もちろんこの2パターンだけで結論づけるのは早計ですが、実際au LTEのARROWS ESを使っていると移動中にまったくパケットが流れない瞬間に出くわす事が結構あります。アンテナバーの表示はそれほどリアルタイムでは無いので一見十分な電波強度に見えるのですが、走行中の電車内などではアプリなどが結構頻繁に通信エラーを起こします。1~2度リトライすれば概ね通信エラーは解消しますが、Xi LTEのOptimus Vuの方が同じ症状に出くわす事は少ないというのが個人的な印象。

もちろんこの受信強度の違いとスループットはまだ別物。ユーザー数の違いなども有って、現時点ではまだまだ10MHz幅メインのau LTEの方がスループットは高い事が多いわけです。au LTEはアンテナバーが1本位の場所でも受信20Mbpsを超える時もありますからやっぱりバカにはできない。

一方ここ数ヶ月の印象だと、au LTEが少しずつ速度低下傾向なのに対して、Xi LTEは最悪の時期を超えて速度が上昇傾向に感じます。3Gとのバランスを取りながら少しずつ10MHz幅化も進めていますし、小型基地局の配備でターミナル駅のホームでXiが繋がらないという事もだいぶ減りましたし、駅間の穴埋めも確実に進んでいます。またauは800MHz帯を使っている以上、基地局密度を高めるには2GHz帯以上に綿密な基地局の配置と調整を強いられます。実際には1.5GHzp帯の基地局を追加して補完する方が多いと思いますが、仮に次期iPhoneがauの800MHz LTEを掴めるとすれば今以上のペースで800MHz帯はスループットの低下が懸念されます。後これは端末側の特性かもしれませんが、LTE-LTEでのハンドオーバーに数秒掛かる時があるので、こんなんでVoLTE本当に早期導入できるの?と疑念も。

ドコモも最近はポートインしてくるユーザーだけ優遇しすぎとか度重なったネットワークトラブルとか一時期のトップキャリアとしての面影は薄くなりつつありますが、エリア展開だけは相変わらず愚直。最後はそこが生命線になる事を理解しているのだと思います。最近Xiでは「Strong.目指すのは強さだ。」を掲げていますが、個人的にはこの路線を守って欲しいなと思います。実際にモバイル環境で必要な通信速度ってそれほど高くはないですから、穴の少ないエリアカバレッジとアベレージで数Mbpsの通信速度を得られる方がずっと重要なんです私には。

2013年5月 1日 (水)

4ポート3A出力のAC-USBアダプタを買ってみました

Simg_20130501_01125188 今まで使っていたAC-USBアダプタが半ば崩壊しかけているので久々に都心に出たついでに新調しました。以前から2.1A+1Aの2ポートタイプを買おうと思っていて三月兎に出向いたのですが、4ポートで3A出力という微妙なバランスの製品が有ったので、物は試しとこちらにしました。

製品は一応国内パッケージで長信ジャパンという会社の製品。魅力だったのは2ポート1Aクラスの製品とほぼ同じサイズと小さかった事と、ポート毎に特に出力の規定が無かった事、iPad全モデル対応って事で少なくとも1ポートで2Aは出せるって事辺り。買ってから分かったのですがケースも結構強く押しても撓まないので造りは悪く無さそう。写真は上が今回購入した製品で下が2ポート2Aタイプとしては1000円以下でも良く売られているプラネックスの奴で、今回購入した方が4ポートなのにかなりスリムな事が分かります。後この製品4月に入ってから出回ってて商用サイトにも取り上げられてたんですね。

で、軽くチェックしましたが、基本的には給電ラインとGNDのみの結線でD±がショートみたいな便利な仕様ではありません。もっとも手持ちだとD±がショートしてないとAC給電モードにならないのはL-06D位で、この点は手持ちのケーブルでカバーできるので問題無し。FJL21も急速充電できたし持ち歩きようには悪くなさそうです。三月兎で1980円、通販だと2480円位が相場なんで安くは無いですが、携帯性と出力の高さの両立って意味ではいいかも。FJL21とL-06DをACアダプタモードで同時に充電する分には発熱も気にならないし、コイル泣きも無かったですはい。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ